『八』の字尽くし(づくし) 末広がりの数字の八


● 七は多かったが、この八もすこぶる多い。驚くほど。
囲碁:   傍目八目、六死八活、八段、
世界:   八カ国同盟、主要8か国、八路軍、
日本:   八重咲き、十八番、歌舞伎十八番、武芸十八般、八人衆、 八つ頭、八橋、八朔、
      八人衆、若江八人衆、八部衆、八神将、八大巨頭、
      八咫烏(やたがらす)、八百万(やおよろず)、八百万の神、八岐の大蛇(オロチ)、八艘跳び、
      忠犬ハチ公、銀座八丁、大八車、富士山お鉢めぐりと仏教の「八葉蓮華」、八重葎、
      八百長、八百大言、嘘八百、八幡様、八卦観、   八百八町、江戸八百八町、八丁堀、
      八百八橋、七転八倒、七転び八起、胸突き八丁、腹八分目、八重歯、八つ裂き、八つ裂きにする、
      鬼も十八番茶も出花、娘十八番茶も出花、18歳成人、     八十八夜、十八夜月、
      18金、8寸釘、煩悩の数=108、除夜の鐘=108打、正五角形の内角=108°、
      銀の原子量=約108、8×8=64、1升=1.8L、米寿=88歳、
      音階、八重奏曲、弦楽八重奏、シューベルト・八重奏曲、メンデルスゾーン・弦楽八重奏曲、8小節、
      八岐大蛇(ヤマタノオロチ)、七重八重花は咲けども山吹の実のひとつだになきぞ悲しき、
      八角塔、八角堂、八頭身、
生物:   八百屋、八百屋お七、矢車草、
      八目ウナギ、タコの足=8本、イカの足は10本ではなく8本というのが正解、
スポーツ: スクラム、ナンバー8、8時半の男、ゴルフ・ダブルボギーペース=108、8強、
地名:   関八州、板東8か国、富岡八幡宮、深川八幡祭り、四国巡礼48箇所、富士山・忍野八海、
      東京都中央区八丁堀、八丁堀駅、八丁堀の旦那、
      東京都立八国山緑地、八国山、八海山、八代市、千葉県・八街市(やちまたし)
山:    八甲田山、八幡平、八海山、八方ヶ峰、八方ヶ原、八峰、  南ア・北岳/八本歯、
      八ヶ岳、北ア・白馬八方尾根、8合目、8000m峰、8000mの高峰、8本爪アイゼン、
      会津・八十里越え、
創作:   八つ墓村、サンダカン八番娼館、8時だよ全員集合、朝8時始業、
      熊さん八つぁん、八っつあん、ガラッ八、八五郎、 五郎八、
      十八史略、八犬伝、南総里見八犬伝、八犬士、 ハッパフミフミ、       フェリーニの 8 1/2、
      ♪夏が過ぎ風あざみ ・・・・ 八月は夢花火(井上陽水・ 少年時代)、
      ♪アルプス八万尺、  ♪八丁目の柳、  ♪夏も近づく八十八夜、
人物:   新島八重、八代亜紀(歌手)、      春日八郎、
      西條八十(詩人・作詞家・仏文学者/お菓子と娘、鞠と殿さま、王将)、
      中村八大、六八九コンビ(永六輔、中村八大、坂本九)、
      猫八、江戸屋猫八、八乃助、
      福田八之助、坂東八十助(ばんどうやそすけ)、藤川八蔵、麺処八蔵、
      八千草薫(女優)、
      ゴロッパチの八五郎、
      八代亜紀(演歌歌手・女優・タレント・画家)、
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  と 多々。疲れた、もう止める。いくつか拾おう。

○ 傍目八目
  意味は、《他人の囲碁をそばで見ていると対局者より冷静で八目先まで手が読める》意から、第三者のほうが物事の是非得失を当事者以上に判断できるということ。   うーん残念。俺だったら七手先までが精一杯なんだが。傍目七目でないのが悔しい。

● 六死八活
  囲碁の死活に関する言葉。第二線に石が並び、それが相手の石で囲まれている場合、石の数によって生死が分かれる。いくつあれば生きられるかを表した言葉。
石が6個のときは黒が先手でも死ぬ。黒1と守っても、白2のハネから4のナカデで黒が死ぬ。目が1つしか出来ないから<六死>。石が8個のときは黒が後手でも生きる。白1から攻めても、黒には2眼作る余裕が残る<八活>。石が7個のときは、どちらが先手かによって生死が変わる。黒が先手なら上辺の手順で生きる(1手目は黒aでもよい)。目が2つ出来るから。白が先手なら左辺ないし右辺の手順で死ぬ(右辺、白7は白1の下)。目がどうやっても1つしか出来ないから。    ・・・・・・・ 隅の場合は状況が異なる。一方からしか攻められないので「四死六活」となる。
 
    辺:六死

    辺:八活

    辺:七つ並んだ場合
            隅の場合

○ 八百屋
  八百屋は、野菜や果物を主に販売する店。「青果店」とも呼ばれる。「八百」は「沢山」と言う意味で、数多くの物を扱うところからきている。最初のうちは「八百物屋(やおものや)」、あるいは「八百屋店(やおやだな・やおやみせ)」と呼ばれていたが、後に八百屋にと呼ばれるようになった。また、江戸時代には「青果物」を扱う店ということで「青屋」と言ったが、時代につれ発音がなまって「やおや」になったという説もある。
        
○ 八百屋お七
  江戸時代前期、江戸本郷の八百屋の娘で、恋人に会いたい一心で放火事件を起こし火刑に処されたとされる娘。この天和の大火は “お七火事” と言われる。
井原西鶴の『好色五人女』に取り上げられたことで広く知られるようになり、文学や歌舞伎、文楽など芸能において多様な趣向の凝らされた諸作品の主人公になっている。左の図はいずれも八百屋お七を描いた浮世絵木版画。
(左)は江戸期中期の絵師「歌川国貞」の作
  (英・ヴィクトリア&アルバート博物館所蔵)
(中)は同じく国貞の役者絵
  (米・ボストン美術館所蔵)
(右)は幕末から明治にかけての絵師「月岡
  芳年」作の歌舞伎『松竹梅湯島掛額』
  の場面。
歌舞伎『三人吉三廓初買』は河竹黙阿弥(かわたけもくあみ)の作で、同じ名を持つ三人の盗賊がおりなす物語。
「月も朧に白魚の、篝も霞む春の空。冷てえ風も微酔に心持よくうかうかと、浮かれ烏のただ一羽塒(ねぐら)へ帰る川端で……(中略)こいつぁ春から縁起がいいわえ」  と有名な台詞を朗々と唄い上げる女装の盗賊「お嬢吉三」は八百屋お七の見立て(パロディ)である。この作品では全くの創作で悪盗になっている。
序幕で「八百屋の娘でお七と申します」と名乗り、大詰では、お嬢吉三が櫓に登って太鼓を打ち、木戸が開いて櫓の前に三人の吉三が集合する。三人吉三は役人に取り囲まれて自らの悪行に観念する。

○ 十八番
  じゅうはちばん、またはおはこと読む。歌舞伎で七代目市川團十郎が、初代團十郎・二代目團十郎・四代目團十郎がそれぞれ得意としていた荒事の演目18種を選んでこれを「歌舞伎十八番」といった。ここから、得意とする芸という意味で広く用いられるようになった。

○ 武芸十八般
  武士の嗜む武芸の種類(刀、弓、組みなど)などの種類が全部で18種類(武芸十八般)から来ている。この場合は「とっておきのひとつ」ではなく、18種類全てに優れた「多才」の意味。

○ 八甲田山
  秋田の山。冬は雪深く、陸軍の 『八甲田山死の彷徨』で知られている。私は若い頃に春スキーで頻繁に訪れた。5月の連休直前に青森から奥入瀬渓谷経由十和田湖に抜ける道が除雪完了する。道の両側は見上げるような雪の壁。いかに豪雪が凄いかよく判る。それを待って始発バスに乗り込み、山の麓・酸ヶ湯温泉に転がり込む。ありがたいことに、ここには湯治用の部屋が有る。米・味噌を担いできて自炊。青森の市場で仕入れた海産物で毎夜の鍋料理。早朝からスキーにシールを履かせて山頂まで登った。帰りは無立木の大斜面を滑走。あっという間に温泉場に。この上なく楽しかった。
この山は百名山に選ばれている。

○ 八幡平
  八幡平(はちまんたい)は、奥羽山脈北部の山群。最高地点は標高1,614m。岩手県、秋田県にほぼ等面積で広がる。広い高原上のあちこちに火山起源の小さなピークがそびえ、その間に無数の沼や湿原が点在。十和田八幡平国立公園に指定されている。ここもまた百名山の一つだ。
私は春前のスキー合宿でここを訪れた。 その偵察行で忘れられない思い出がある。

○ 八海山
  私が好きな日本酒は越後の “八海山”。新潟県南魚沼市にある岩峰群・八海山(はっかいさん)の名を採っている。八海山は、薬師岳、入道岳、五龍岳の3峰から成る。最高峰は中央1,778mの入道岳。東の利根川源流に聳える越後駒ヶ岳、中ノ岳とともに越後三山(魚沼三山)と称えられる。下図は八海山・不動岳山頂からの眺望。正面の鋭峰は最高峰・入道岳の頂稜部にある奇岩・八ッ峰。八ッ峰の左奥に見えるのが越後三山の越後駒ヶ岳(左)と中ノ岳(右)。八ッ峰右側の奥に見えるのが私が愛して止まない『巻機山』で、麓に広がる盆地は魚沼盆地。 巻機山も百名山一つ。
2009年のNHK大河ドラマ幕開きはこの八海山真上の空撮映像だった。上杉家の家老・直江兼続を演じる妻夫木聡を山頂に立たせて。私は画面を見たとたんに場所が分かってとても嬉しかった。
今の八海山にはロープウエーが架かっている。私がこの辺りの山を歩き回った頃にはそんな余計なものは無かった。そうして銘酒“八海山”を口にしたのはここに写っている巻機山の麓の猟師の囲炉裏端。とてつもなく旨かった。当時は2級酒で安く飲めた。今では全国銘柄になってしまって1升瓶が3千円程する。吟醸だと5千円。おいそれとは飲めなくなってしまった。当時は浴びる程飲んで瓶を枕に囲炉裏端で寝たもんだけれど。
                     

○ 八ヶ岳
長野県と山梨県に跨る八ヶ岳連峰は、南北30 km余りの山塊で大火山群。その山容は、夏沢鉱泉と本沢温泉を結ぶ夏沢峠を境界として北八ヶ岳と南八ヶ岳に大きく分けられる。北八ヶ岳は、樹林帯が山稜近くまで続き、また比較的なだらかな峰が多く、湖沼も点在する。その中央・麦草峠に今は道路が東西を結んでいる。私は春夏秋冬この山地をよく歩いたが、その頃はこんな道路は無かった。ひたすら歩くのみ。峠にポツンと非難小屋があったきりだった。北八ヶ岳はスキーで歩き廻るには最適な山域。白駒池も凍結していて、スキーでスケーティングが出来た。
一方、南八ヶ岳は、主峰の赤岳 (2,899 m) をはじめ、横岳・硫黄岳・阿弥陀岳の鋭い峰々や、横岳西面の大同心・小同心に代表される岩峰群などがあり、急峻な地形となっている。このため、日本有数のロッククライミングの岩場があり、また冬場は氷瀑のアイスクライミングでも知られる岩稜が中心となっている。このように、南北の山容は対照的。山麓には伏流水が湧くため、特に西南側の裾野一帯にかけて縄文時代の遺跡が濃密に分布する。
主峰・赤岳は 山梨県北杜市の最北端に位置する。私が現在住んでいる市だ。我が家から毎日見上げている。実は赤岳に初めて登ったのは70代になってから。それまでは北八ツなどを中心に登っていた。南八ツでは天狗岳、硫黄岳を経験していただけ。初めて登る赤岳は70代の身には厳しかった。登りの岩場や赤岳〜権現岳の大キレットに往生した。
【JR最高地点】 八ケ岳の東側を走るJR小海線の長野県南端に位置する野辺山駅の標高は1,346mで、JRグループの駅及び日本の普通鉄道の駅としては日本一高い地点に位置する。隣接する清里駅との間にJRグループの最高標高地点 (1,375m) がある。私が疎開していたのが小海で、小海線は頻繁に利用した。当時は電化がまだでディーゼル機関車が牽引していた。
【清泉寮】 清泉寮は山梨県北杜市高根町清里の標高1,380mにある。清里駅の北側。アメリカ人宣教師ポール・ラッシュは日本でキリスト教の布教に努めていたが、青年リーダーを清里で育てたいとして1936年(昭和11年)暮れ頃から山梨県庁と用地交渉に取り掛かった。ポールは富士山が好きということもあり、当初、富士北麓の富士五湖地域での用地取得を望んでいた。しかし、適地がなく、結果として八ヶ岳南麓の県有地が貸与されることとなった。そして「日本聖徒指導者訓練清泉寮キャンプ場」として青少年訓練キャンプの拠点となったのが清泉寮である。
当時まだ貧しかった山梨県の八ヶ岳火山斜面のこの地は強酸性。栽培できるものは蕎麦・粟・稗・トウモロコシなどの雑穀と、ライ麦・馬鈴薯・大豆・小豆などの自給用作物に限られていた。石灰をまいて中和しても効果はほとんどなく、栄養失調や過労で倒れる者も多かった。だが、清泉寮はこの地に大きな可能性をもたらしキリスト教信者のみならず多くの人を惹き付ける。ポール・ラッシュは清里開拓の父とされる。
【伝説】 八ヶ岳には「富士山と背比べをして勝利、しかし富士山に蹴り飛ばされて八つの峰になった」という神話がある。また、同神話では蓼科山は八ヶ岳の妹で、八つの峰になった八ヶ岳を見て泣いて、それが川になり溜まったのが諏訪湖とされている。
また巨人伝説というのもある。昔、長野県と群馬県の山中に、とんでもない大男が住んでいた。デエランボウ神といい、碓氷峠を枕に足を妙義山に乗せて昼寝をする程。大男はだんだんと勢力を伸ばし、八ヶ岳を配下にしようとやってきた。デエランボウは、浅間山が吹き上げる大岩をもっこで運び、兄の八ヶ岳の上にぶちまけた。それを見た蓼科山が大騒ぎ。怒 ったデエランボウは蓼科山を引っこ抜こうとした。いくらデエランボウでもそう簡単には引き抜けない。う〜んと踏ん張った時、両足が地面にめり込んで大きな穴ができ、そこに水がたまり池になったのが双子池だという話。

【八ヶ岳倶楽部】 
司会者・タレント・声優の柳生博は江戸時代の剣豪として知られる柳生氏の末裔。その彼が家族4人を連れて八ヶ岳に来たのが1976年(昭和51年)。清泉寮の南西10kmである。2,000坪の土地。そして八ヶ岳倶楽部をオープンしたのが1989年(昭和64年・平成元年)。初代社長・柳生博は広葉樹を次々に植えて立派な雑木林を造り上げた。彼は日本野鳥の会会長やコウノトリファンクラブ会長も務める。
妻の柳生加津子は女優・声優で俳優座時代に博と出会った。博と違って売れっ子。ルパン三世・峰不二子や、グレース・ケリー、オードリー・ヘプバーンの声を努めて人気を博していた。博は長らくヒモ生活。
加津子は芸能界を引退してから喫茶の専門学校に通ってフルーツティーを創り上げ、喫茶店を開設。大好きな作家を紹介するために八ケ岳倶楽部にギャラリーを作った。倶楽部は彼女が創設したというのが本当のところ。

長男・真吾は園芸の世界に入り、植物の素晴らしさ、面白さを写真・文章・テレビ・雑誌を通じて八ヶ岳から伝えた。父親の後を継いで二代目社長に。2000年にNHKの園芸番組『趣味の園芸』のキャスターとなり、それまでの年寄りイメージが強かった番組の雰囲気を変えた。しかし2015年に咽頭癌のため47歳で死去。
次男・宗助が後を継いで、今や三代目の八ヶ岳倶楽部社長。
妻の柳生加津子は、2013年頃から忘れ物など認知症の初期症状。さらに翌年長男が咽頭がんを発症したことでショックからふさぎ込んで不可解な行動。解離性健忘と認知症を同時発症してしまった。2018年現在、特別養護老人ホームに入所している。博はこれまで親しい友人にも隠してきたが9月に初めて家族の秘密を明かした。

● 八子ヶ峰
八ヶ岳の北部は『北八ッ』と称される。豊かな森と湖がひっそり。八子ヶ峰からは展望が素晴らしい。特に八ヶ岳連山が全て見られるのは此処しかないだろう。赤岳の向こうに編み笠山も顔を覗かせているし。噴火の岩石が形成したなだらかな裾野が見事。茅野・諏訪へと流れている。
   私が此処を訪れたのは2021年9月。アカトンボと、早くも紅葉し始めたナナカマドと、薄(ススキ)と竜胆(リンドウ)に迎えられての山行だった。帰りに手打ち蕎麦処『黙坊』で蕎麦を食べようとした。此処は親湯入口に有る。映画監督・小津安二郎の別荘「無藝荘」の前である。この店は、作家・狐狸庵こと遠藤周作が足繁く通った店。だけど、早々に品切れで早々に閉店。残念。仕方なく小津の愛飲した酒・ダイヤ菊一升瓶を車に積んで茅野を後にした。
  八子ヶ峰からの展望/赤岳・権現岳・編笠山

『北八ッ』のさらに北に蓼科山が聳える。それは独立峰でひときわ目立つ。
『八子ヶ峰』はその南側にある。諏訪・茅野から蓼科湖、さらに親湯温泉入口を経て蓼科山の南麓を巡る“ビーナスライン”(黄色の道路)の最高地点・スズラン峠から登る。山頂は広々とした草原で、北に蓼科山、東に八ヶ岳連山、南に諏訪盆地を見て展望が格別。



● 八角塔
私の母校 『都立小山台高校』 は東京品川区の北端にある。東急目黒線武蔵小山駅の前。旧制の東京府立第八中学校である。その当時から質実剛健で名高く、旧制第一中学校(現日比谷高校)と人気を分け合っていた。その高校のシンボルが屋上の八角塔。取り壊して再建された新校舎にも再現されている。
我が母校は、1950〜1960年代に連年東京工業大学合格者数全国1位を達成。古くから理工系大学進学に強い高校として知られている。また東京大学合格者数も全国ベスト10に入る年もあった。母校の運動会は都立No.1、2を争う盛り上がりと評され、生徒が赤、白、青、黄の4つの団に分かれて競技。各団による応援合戦が名物。勇壮な棒倒しも。また部活動も盛んで、野球部は2014年(平成26年)春の甲子園に21世紀枠として出場。都立高校としては史上初のセンバツ出場校となった。
多くの著名人を輩出している: 民主党代表・内閣総理大臣(数少ない理工系出身)・ 管直人、  キヤノン社長・御手洗肇、  日立製作所社長・中西宏明、 キャスター・筑紫哲也、 精神科医・作家・斎藤茂太、 東大名誉教授・電子工学者・菅野卓雄、 日本フィルハーモニー交響楽団指揮者・渡邉暁雄、 写真家・秋山庄太郎、 声優(TVドラマ名探偵ポワロ、映画ヒッチコック)・熊倉一雄、 映画監督・山田洋次、 漫画家(美味しんぼ)・雁屋哲、 アニメーション映画作家・押井守、 サッカー日本代表・加納孝、等。     母校教員には私も教わった鵜川昇(国語科教諭、のち甲子園出場常連校・桐蔭学園の理事長・学校長・学長)がいた。
------------------ すでに故人の人や役職が元の人もおられるが、“故” や “元” の字は省いた --------

○ 八角堂
八角堂または八角円堂は各地にある寺院などの建築物。法隆寺夢殿(奈良時代)が著名な例。

● 八頭身
伊東絹子は1953年(昭和28年)の『ミス・ユニバース・ジャパン』であり、同年アメリカ合衆国カリフォルニア州のロングビーチで開催の世界大会 『ミス・ユニバース』(第2回)に日本代表として出場、第3位に入賞した。日本におけるファッションモデルの先がけのひとりとも言われ、伊東の体形に因んだ『八頭身美人』が流行語となった。
映画出演後はデザイナーを志し、1957年(昭和32年)にフランスに渡って修業、1958年(昭和33年)銀座に洋装店「伊東絹子の店」を開いた。1968年(昭和43年)には在フランス日本国大使館員と結婚。芸能活動は行わずに外交官夫人となった。

○ 八代亜紀
八代亜紀は演歌歌手・女優・タレント・画家。熊本県八代郡金剛村(現:八代市)出身。読みは異なるものの、芸名は出身地の八代(やつしろ)市から採っている。 →八代亜紀